周辺観光一覧

庄川挽物木地

庄川挽物木地(しょうがわひきものじき)は乾燥させた木材をろくろで加工して作られる伝統工芸品です。

続きを読む

散居村

広大な砺波平野の中に民家が点在する、国内でも珍しい集落形態です。

続きを読む

夜高行燈

夜高行燈は地域の人々によって毎年手作業で作成されます。

続きを読む

夜高行燈の歴史

昭和初期に始まった庄川の夜高行燈は廃絶と復興を繰り返しつつも現在に受け継がれています。

続きを読む

庄川大仏

昭和7年6月に完成した、コンクリート製の阿弥陀如来坐像です。

続きを読む

金屋石

庄川対岸ではその昔、金屋石(かなやいし)と呼ばれる上質な石材が採掘されていました。

続きを読む

庄川観光祭

夜高行燈が練り歩き、庄川が祭一色に染まる2日間です。

続きを読む

小牧ダム

昭和5年に完成した小牧ダムは堤高79.2mを誇り、建設当時は東洋一のダムと呼ばれました。

続きを読む

庄川と地域のかかわり

庄川は流域内の山地面積が大きく、流域面積の93%を山地が占めています。岐阜県内では白川郷、富山県内では五箇山と、昔ながらの合掌集落を流れています。

続きを読む

庄川の歴史

庄川は、古く雄神川と呼ばれていました。これは、庄川町の鉢伏山麓にある雄神神社が由来だといわれています。

続きを読む