庄川挽物木地

庄川地域は飛騨地方から刈りだされる木材の一大集積地として栄えてきました。
この恵まれた木材を利用し、独特のロクロ技法で受け継がれているのが庄川挽物(ひきもの)といわれる漆器木地で、生産高日本一を誇ります。

挽物木地の材料には主にケヤキとトチの天然木が使われ、国産林特有の変化に富んだ表情を見せます。

製品には磨きをかけた白生地製品と、拭き漆の塗装を施したものがあり、どちらも木目を生かし、木の温かみを感じさせる素朴な風合いが特徴です。

お盆、お椀、鉢をはじめ、最近では様々なクラフトが生み出されています。